About us/可児ミッションとは

私たちは
あらゆる地で、すべての人が大切にされ
平和・正義・平等・調和が回復し
共に豊かに生きることのできる世界を
追い求めます

世界経済がグローバル化す る中で、貧富の差が拡大し、世界的な移住労働が激増しています。日本でも、1990年、職種を問わない在留資格が日系人に認められて以降、安価な労働力の 調整弁として、移住労働者が利用され、急速に増えています。可児ミッションが活動している可児市・美濃加茂市などでも、現在住民の5-10%が外国人と なっており、その大半は、自動車部品の下請け工場などで働いています。厳しい労働環境や自国と異なる日本の様々な暮らしに関する仕組み、そして言葉の壁な どで、様々な悩みをかかえながらも、本国の家族や親戚の日々の暮らしを支えるため、日本社会の中で懸命に働いています。

日本聖公会*中部教区** では、こうした実情をふまえ、2009年に「可児ミッション」を立ち上げました。フィリピン聖公会北中央教区***と連携して、主に可児・美濃加茂地域の 日系フィリピン人のための祈りと交わりの場としての可児伝道所を設置するとともに、移住労働者とその家族をとりまく諸課題に以下のような形で取り組んでい ます。

*世界に広がる英国教会系のキリスト教の教会。日本では全国に約320の教会を有するほか、関連施設として立教大学や聖路加国際病院など、数多くの教育・社会事業を行っている。
**愛知県、岐阜県、長野県、新潟県のエリアを管轄。
***中部教区と協働関係を締結しているフィリピン聖公会の教区。フィリピン北部のベンゲット州、ラ・ウニオン州、パンガシナン州、サンバレス州のエリアを管轄。主教座聖堂はベンゲット州バギオ市。

可児ミッションの主な取り組み

祈りと交わりの場
日本聖公会中部教区の教会「可児伝道所」として、毎週日曜日に聖餐式を行っています。地域に開かれた教会として、移住者も含む地域の人々の心の拠りどころ と交流の場になるよう願っています。また、専任のフィリピン人教役者によって、信徒の家庭訪問など、多様な牧会活動も行っています。

生活相談
移住者の日本での生活に伴う教育、社会保障、医療、労働、防災などに関する問題に対応し、情報提供や専門相談機関等の紹介、同行、通訳などを行っています。

学習支援
移住労働者とその家族に必要な日本語学習の機会を提供しています。特に子ども達については学校の授業が分からないことがないよう、学習支援と交流の場を提供していきます。

国際連携・政策提言・情報発信
国内外の諸団体と連携し、移住者の権利向上を進めるとともに、移住労働問題を生み出す大きな要因となっているグローバルな貧困問題の解決に務めています。またセミナー等で情報を発信し、国際理解を深める働きをしています。

We believe and affirm that even we are diverse we also are united in promoting peace, equality, justice, harmony and with loving service among people and the world.

As the world economy are globalized, the gap between the poor and the rich is expanded and many people have to migrate to other countries forcibly. In Japan, after the government approved the long-stay visa for the Japanese descendants in 1990, the companies have used this system for advantage because of heap labor and contractual job. The migrants workers have then rapidly increased.

At present, 5-10% of all population in Kani and Minokamo area are foreigners and most of them are working in the manufacturing factory such as car parts and electronics. They work hard in Japan to support their family and relatives in their home country. While living in Japan, they encounter a lot of problems such as working condition, difference of customs and regulations and language barrier.

The Diocese of Chubu of the NSKK (Anglican Churh of Japan) responded on this actual condition of foreigners and started the Kani Mission in 2009. The Kani Mission is also a product of partnership of the Episcopal Diocese of North Central Philippines and Chubu Diocese. This mission includes the pastoral and sacramental services of the  Anglican/Episcopal Church, while tackling many issues of migrant workers and their families.

Activities

Pastoral Services
We celebrate the holy Eucharist on every Sunday and provide other sacramental services. We open the door to the local community and hope that our church become the place for fellowship among the local community including migrants.

Consultation
We provide consultation services to the migrants about labor issues, education of children, medical care and other matters of living in Japan.

Educational Support
We provide the opportunity of Japanese language lesson for foreigners especially for Children who study in Japanese public school.

International solidarity, advocacy and publication
We promote migrants rights together with many groups based in Japan and abroad and tackle the global poverty which causes world-wide migrants issue. We also have the program of publication for promotion of human rights and international understanding.